チャリティー部 利用規約

ペット学園チャリティー部 アフィリエイトプログラム利用規約

このペット学園チャリティー部アフィリエイトプログラム利用規約(以下「本規約」といいます。)は、ペット学園(以下「当会」といいます。)が提供するアフィリエイトプログラム(以下「本プログラム」といいます。)を第2条に定義される「アフィリエイト会員」が利用する際にアフィリエイト会員と当会との間に適用されるものとします。

第1章 総則

第1条(規則の遵守)
すべてのアフィリエイト会員は、本規約ならびに本規約に付随するすべての規約、規則、ガイドランおよびそれに準ずるものを遵守するものとします。

第2条(用語の定義)
本規約において、次の用語はそれぞれ次の意味で使用されます。

(1)「ペット学園チャリティー部アフィリエイトプログラム」とは、ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)が、当会の広告を掲載して、その成果に応じて広告収入を得るシステムのことをいいます。
(2)「ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)」とは、本プログラムを利用する個人または法人のことをいいます。
(3)「管理画面」とは、本プログラムの一部として当会が提供し、アフィリエイトサイト運営者が利用できる画面で、本プログラムを利用する上で必要な情報の確認および入出力を行なえる画面のことをいいます。
(4)「エンドユーザー」とは、当会サイトを訪問するユーザーのことをいいます。

第2章 ペット学園チャリティー部アフィリエイトプログラムへの参加

第1条(利用規約の発効および契約の成立)
本規約は、ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)が本プログラムの利用を当会に登録した時点で、当会の間で契約が成立します。その成立をもって、ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)は本プログラムを利用できるものとします。

第2条(プログラムの提供の拒否権)
当会は、当会の独自の判断により、以下の各号のいずれかに該当すると判断したペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)に対し、事前の通知なしに、当該ペット学園チャリティー部アフィリエイトプログラムの登録凍結解除を行えるものとし、ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)は、当会のこのような判断に一切の異議を申し立てないものとします。当会は、本項に該当するペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)に対して、いかなるサービスおよびプログラム(本プログラムを含みます。)の提供を拒否できるものとします。

・内容と異なる文言等を使用し不正にエンドユーザーを誘因した場合
・違法な活動をしているもしくはその奨励をしている場合
・法令に違反またはそのおそれがあると判断した場合
・本プログラムにふさわしくないと判断された場合

第3条(判断理由の非開示)
当会は、独自の判断によりペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)への本プログラム提供の可否を行えるものとし、その判断理由は、原則としてペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)に対して開示されないものとします。ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)は、当会がその判断基準に基づいて行った判断に対して、一切の異議を申し立てないものとします。また、当会は、当該行為によって発生するペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)または第三者のいかなる不利益に関しても一切の責任を負わないものとします。

第4条(申込事項および届出事項)
ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)は、申込事項または登録事項に変更が生じた場合、自己責任において管理画面にて事実に相違ない情報へ登録内容の変更を行うものとします。
本条に規定する申込事項および届出事項が不正確もしくは虚偽であるために、ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)が不利益を被った場合、当会はその責任を負わず、一切の責任はペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)が負うものとします。

第5条(表明および確約)
ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)は、当会に対して、以下のとおり表明し、確約するものとします。
現在、暴力団、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これに準ずる者(以下これらを総称して「反社会的勢力」といいます。)に、自らおよび自らの役員、社員、代理人、使用人その他の従業員が該当しないこと、且つ将来に亘っても該当しないこと。
反社会的勢力または反社会的勢力と密接な関係にある者(以下「反社会的勢力等」といいます。)と、現在、以下のいずれにも該当しないこと、且つ将来に亘っても該当しないこと。
①反社会的勢力等によって、その経営を支配される関係
②反社会的勢力等が、その経営に実質的に関与している関係
③反社会的勢力等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関係
④不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもって、反社会的勢力等を利用していると認められる関係
⑤その他反社会的勢力等との社会的に非難されるべき関係
ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)は、自らまたは第三者を利用して以下のいずれの行為も行わないことを確約するものとします。
・暴力的な要求行為
・不当な要求行為
・取引に関して脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
・風説を流布し、偽計または威力を用いて当会の信用を棄損し、業務を妨害する行為
・反社会的勢力等に名義を利用させる行為
・その他上記各号に準ずる行為
当会は、ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)が、前項のいずれかに違反していると判断した場合は、ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)に対してなんらの通知、催告を要せず、また自己の債務の履行の提供をせずに直ちに、契約の全部または一部を解除することができるものとします。
前項により当会に損害が生じた場合、ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)は当会に対してその損害を賠償するものとします。

第3章 報酬の支払い

当会からペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)に支払われる奨学金(アフィリエイト報酬)は、奨学金(アフィリエイト報酬)発生条件にて提示された以下の報酬に限るものとします。

エンドユーザーの注文による奨学金(アフィリエイト報酬)

上記以外の奨学金(アフィリエイト報酬)で、当会により別途提示され、上記奨学金(アフィリエイト報酬)に加算される奨学金(アフィリエイト報酬)

前項の、注文による奨学金(アフィリエイト報酬)については、エンドユーザーが、ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)が掲載した広告経由で注文し、商品受領がなされた日付に基づいて計算されるものとします。

当会は、ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)への事前の通知なく、独自の裁量により、奨学金(アフィリエイト報酬)および奨学金(アフィリエイト報酬)発生条件を、随時、変更することができるものとし、ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)はこれを了承するものとします。
奨学金(アフィリエイト報酬)は、ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)が当会に対し、指定の金額を受取請求をすることにより、当会より奨学金(アフィリエイト報酬)が支払われるものとします。

奨学金(アフィリエイト報酬)の受取りにはご自身にて受取請求のお手続きが必要となります。申請がない場合には奨学金(アフィリエイト報酬)は貯まっていく仕様となっております。
受取請求方法は【奨学金受取申請】にて受取り可能な報酬額を入力してください。

奨学金(アフィリエイト報酬)受取請求は3000円以上から行えることとします。奨学金(アフィリエイト報酬)受取請求をした月の翌々月末にお支払いとなります。支払日が土日祝日の場合は、銀行の翌営業日となります。 奨学金(アフィリエイト報酬) の受取請求は支払い代金の請求が可能になった日から起算して1年以内に行うことを要し、期間を経過した後は如何なる理由があっても請求ができません。

振込手数料はペット学園が負担致します。ただし、登録情報の不備等でお振込みが完了できず、組戻し手数料が発生した場合は、ご負担いただく事となりますので、正しくご登録をお願い致します。

ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)が本規約に違反することにより登録が解除された場合、未払いとなっている奨学金(アフィリエイト報酬)および登録解除後に発生した奨学金(アフィリエイト報酬)は支払われないものとします。

第4章 ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)の責任

ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)は、自己の責任において常に自己のサイトやメディアを適切な状態に保つように管理し、自己のサイトを通して違法行為や公序良俗に反する行為を行わないのはもちろんのこと、第三者をしてそのような行為が行われないように、善良なる管理者の注意を払う義務を負うものとします。

ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)は、自己の責任において管理画面のログインIDおよびパスワードを管理するものとし、第三者への開示、譲渡、貸与、売買、第三者のための利用およびツールを利用したログインなどの行為を行ってはならないものとします。使用上の過誤、不適切なログインIDおよびパスワードの管理により、当該ログインIDおよびパスワードが第三者に不正利用されたことにより発生した結果に関し、自己の責任において解決するものとし、当会に一切の損害を与えないものとします。また、アフィリエイトサイト運営者は、自己のログインIDおよびパスワードが不正に利用されたと認知した場合、当該事象を遅滞なく当会に連絡するものとします。

ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)が前項に違反した、あるいは違反した蓋然性が高いと当会が判断した場合には、当会はペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)への通知無しに、本プログラムの提供の停止または契約の解除を行えるものとします。

アフィリエイトサイト運営者は、広告を、継続的に最低1つはサイトに掲載するように努めなければなりません。

第5章 禁止行為

ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)は、本プログラムを利用するにあたり、以下の行為を行わないものとし、当会はペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)に事前の通知なしに、登録凍結解除することができるものとします。

クリック行為を強要・嘆願する言葉、および閲覧者に誤解を与えるような言葉を記述すること。

ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)自身、または第三者と共謀して奨学金(アフィリエイト報酬)を得るため、広告の表示を不正に行ったり、広告のクリックを不正に誘発させたり、クリック報酬が設定された広告に対して自ら関与して連続かつ大量のクリックを行ったり、自身の広告リンクを通じて虚偽の注文や登録などの行為をすること。

不当に奨学金(アフィリエイト報酬)を得ようとする行為、または、当会にそのように見なされる行為をすること。

当会サイトへのハッキング、クラッキング、逆コンパイル、逆アセンブルなどの行為によって不正に奨学金(アフィリエイト報酬)を得ること。

その他、法律や社会的に禁止されている行為をすること。

第6章 本プログラムの中断、停止

当会は、本プログラムのシステムの管理・保守などのメンテナンスを行う場合、またはシステムの機能向上のためのアップグレードを行う場合に、独自の裁量により、本プログラムの一部もしくは全部を一時中断、または停止することができるものとし、これにより、アフィリエイトサイト運営者または第三者が被ったいかなる不利益、損害についても、その理由のいかんを問わず一切の責任を負わないものとします。

本プログラムに関する通信環境の障害、天災、火災、ストライキ、洪水、疫病、暴動、戦争、テロ行為など、またはそれらに関連する要因により、本プログラムの全部または一部の利用不能もしくは機能の不全が発生した場合。

本プログラムのシステム上の不具合、ならびに第三者によるハッキング、クラッキングなどの本プログラムに対する一切の妨害行為に起因し、またはそれに類する事情が原因となり本プログラムの全部または一部の利用不能もしくは機能の不全が発生した場合

当会の独自の判断により、本プログラムの運営を停止する場合

第7章 損害の免責

当会は、本プログラムの利用により発生したペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)の損害については、一切の賠償の責を負わないものとします。

ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)が本プログラムを利用することにより第三者に対して損害を与えた場合、ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)は自己の責任により解決するものとし、当会には一切の損害を与えないものとします。

第8章 データの帰属・管理等

ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)は、本プログラムの提供にあたり、当会が取得したログなどのデータの所有権はすべて当会に帰属することに同意するものとし、当会は、当該データを本プログラムの品質向上および当会が必要と合理的に判断する場合に利用できるものとします。

当会は、前項のデータの保護・管理に関し、当会の規定する情報保護方針を遵守するものとします。

第9章 機密保持

ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)は、本プログラムに関連して得た当会の技術上、販売上、業務上その他秘密とみなされるべき情報を、当会の事前の書面による承諾なしに第三者へ漏洩してはならないものとします。ただし、公知の事実と判断されるものに関してはこの限りではありません。

本条の効力は、本規約に基づく契約が終了した後も有効に存続するものとします。

第10章 個人情報の取り扱い

当会は、本プログラムを通じて取得するペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)の個人情報に関して、「個人情報の保護に関する法律」、その他の個人情報保護に関する法令、関係各省庁より出される個人情報保護に関連する各種ガイドラインならびに当会が定める「個人情報保護方針」に基づき取り扱うものとします。

弁護士法第23条の2に定める弁護士照会制度による照会申出があった場合、刑事訴訟法第197条第2項による照会があった場合、裁判所もしくは警察その他行政機関の命令・捜査等があった場合または裁判所・警察その他行政機関に対し訴訟その他の手続上、当会が提出するべきと判断した場合、当会は必要な範囲において情報開示を行う場合があり、ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)はそれを事前に承諾し、同意するものとします。

第11章 著作権等の知的財産権

ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)は、本プログラムのシステム、本プログラムにかかわるコンテンツなどの著作権およびその他の関連知的財産権がすべて当会に帰属することを確認するものとします。

ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)は、本プログラムの利用期間において、本プログラム利用の目的の範囲内のみでの本プログラムの使用権を付与されることを確認するものとします。

ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)は、当会が別途定める方法により、事前に当会の承諾を得ないかぎり、本規約に基づく契約による本プログラムの使用権につき再使用権を設定し、第三者に譲渡、もしくは担保に供し、または本プログラムの全部または一部の複製物を第三者に譲渡・転貸、担保提供もしくは占有の移転をしてはならないのはもちろんのこと、その他のいかなる方法によっても本プログラムの使用権もしくはその複製物を処分してはならないものとします。

第12章 登録凍結または解除

当会は、本規約に違反したペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)に対して、指導または改善依頼を通知したのちも改善が見られない場合、登録を凍結することができるものとします。

当会は、登録を凍結したペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)に関し、指導または改善依頼を通知したのちも一向に改善が見られない場合、本プログラムの登録解除することができるものとします。

第13章 契約の解除

ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)は、当会が別途定める手続きを行うことにより、本プログラムの利用を停止し、本規約による契約を解約することができます。

第14章 その他

ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)は、第三者に対し、本規約にかかる契約上の地位、権利および義務について、これを譲渡し、継承させ、または担保に供してはならないものとします。

第15章 規約および条件の改定

本規約ならびに本規約に付随するすべての規約、規則およびそれに準ずるものは、当会の独自の判断によりペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)の承諾なしに変更・改定を行うことができるものとします。変更・改定後の本規約も、ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)と当会との間の一切の関係に適用されるものとします。

第16章 本プログラムの変更・廃止

当会は、本プログラムの種類および内容の全部または一部を変更または廃止(以下「変更等」といいます。)することがあるものとします。その場合、当会は、変更等に伴いペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)に損害が発生したとしても一切の責任を負わないものとします。

当会は、前項の規定により本プログラムを廃止するときは、ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)に対し事前にまたは緊急の場合は事後に通知するものとします。

第17章 裁判管轄

ペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)は、本規約または本プログラムの利用に関してペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)と当会との間で生じた紛争については、訴額に応じて横浜簡易裁判所または横浜地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに同意します。

第18章 準拠法

本規約ならびにペット学園チャリティー部員(アフィリエイト会員)と当会との関係には、すべて日本国の法令が適用されるものとします。